内部最適化からのSEO戦略


SEO対策において最も重要なポイントが、サイトの柱となるテーマが明確に選定されているかという点です。

いかにユーザー(検索者)の検索意図に対応できるかを考え、メインキーワード周辺の複合となるキーワードや関連するキーワードをより広く抑え、ひとつのウェブサイトを設計をすること。これが内部最適化の概念となります。

 

運営しているウェブサイトが、自社商品などの提供しているサービスから、テーマが反れていた場合には、ユーザー側からの窓口もまばらになってしまい、例え上位表示されていても非常に惜しい結果となってしまいます。

SEO対策には、サイト内コンテンツにおけるテキストに重点を置く内部対策と、サイト外リンクに重点を置く外部対策がありますが、内部も外部もバランスのとれた最適化および対策をとることが健全なSEO対策です。

当社では、外部リンクに頼る他力本願的な対策は避け、内部コンテンツおよびテキストを充実させることで、長期スパンで上位表示が確立できるように、スパムやペナルティのない健全なSEO対策を心掛けています。

内部最適化

ひと手間かけた内部最適化

サイトテーマを明確にしたサイト設計

ウェブサイトのメインテーマとなるビッグワードから、検索エンジンを利用するユーザーのニーズに沿った関連キーワードで、より多くのアクセスを誘導するために、サイト設計を最適化します。アンカーテキストにキーワードを含ませて、サイト全体のリンクを構成をすることで、検索エンジンへサイトテーマを認識することを推進します。

見出し(タグ)の調整

当社では、外部リンクに頼る他力本願的な対策は避け、内部コンテンツおよびテキストを充実させることで、長期スパンで上位表示が確立できるように、スパムやペナルティのない健全なSEO対策を心掛けています。SEO対策には、サイト内コンテンツにおけるテキストに重点を置く内部対策と、サイト外リンクに重点を置く外部対策がありますが、内部も外部もバランスのとれた最適化および対策をとることが健全なSEO対策です。

キーワード検索上位表示へ向けた施行として、キーワードをタイトルタグ(h1、h2)で正しくマークアップすることで検索エンジンが重要キーワードを認識することを促します。

キーワードライティング

検索エンジンは見出し及び、テキスト部分についても、前方に置いてあるワードを重要視する傾向があります。

その点を考慮し、「キーワードを含めた結論」からライティングしていくことで、SEO対策の効果を挙げていきます。

テキストマッチング

ウェブサイトに挿入する画像はAltを指定し、テキストとして検索エンジンに認識させます。また、トップページから下層ページすべてのページに対して、キーワード出現頻度の調整を行い、適切なキーワード比率に調整をします。