検索キーワードの分析


ウェブマーケティングの第一歩として、ウェブサイトからの集客には、キーワードの選定および設定が重要な鍵となります。現在インターネットの利用者(検索者)はyahoo、グーグルからの検索をメインとしており、そのシェアは70%以上になります。また、スマートフォン・モバイルのシェアも年々軒並みに拡大されています。

より多くのユーザー様達へ、あなたのサイトを逸早く見つけてもらえるように、ウェブサイト・キーワード・マーケティングをはじめ、ランディングページの活用、プレスリリース、PPC運用代行まで行っております。

検索キーワードサンプル

ウェブサイトに対するキーワードの分析結果を基に、サイトへ設定・設置するキーワードを選定します。キーワードには、「ビッグキーワード」と「ミドル・スモールキーワード」があります。

ビッグキーワード

ウェブサイトがビッグキーワードで上位表示されると、検索数が多いため、その分サイトへのアクセス流入を大幅に増やすことが
可能になります。また、認知度の向上からその分野でのブランディングも図れます。
ビッグキーワードでの上位表示は誰もが理想とし競合しています。しかしながら、ビッグキーワードでの検索者は、検索意図(検索思考)
の範囲が広いため、「購入」という目的よりは「情報を得たい」という目的が多いと言われています。
よって競合する中、苦労してビッグキーワードでの上位表示が可能になっても、必ずしも購入の意欲が高い人だけがサイトに訪れるわけ
ではなく、コンバージョン率では上位表示を得るための時間やコストに苦悩するケースもあります。

ミドル・スモールキーワード

  
ミドル・スモールキーワードの場合、ビッグキーワードとは対照的になり、検索ユーザーは「ある意図」をもって検索します。
例として「目的キーワード+地名」というように検索ユーザーの地域が絡んできます。
それぞれのキーワードの検索ボリュームは小さいですが、検索ユーザーの「意図」は深く、ユーザーの「意図」に沿ったサイト
およびページに誘導することが可能であれば、非常に高いコンバージョン率となります。

上記のような、ビッグキーワード、スモールキーワードを必ずしもどちらか選択する必要なく、ロングテールSEOによって、長い目で見ると、スモールキーワードでもビッグキーワード並にアクセス数を得ていく手段もあります。

短期的ではなく、総合的な判断から、長期スパンでの集客に結び付くマーケティング戦略を施します。

ランディングページの活用、プレスリリース配信、PPC運用代行


ヤフーリスティング広告、グーグルアドワーズなどのPPC広告は、出稿頻度とそれにかける費用の調整がとても重要です。

長年PPC広告を行ってきた経験から、お客様の業種・分野に適した出稿頻度や費用対効果を分析し、運用代行までも可能です。

また、重要な集客窓口となるランディングページの制作、プレスリリース配信のための記事作成も行います。