IT・ウェブコンサルティング


私達は、企業経営者様/個人事業主様の視点や考え方に基づき、ご依頼されたクライアントの業務内容をできる限り把握・認識し、ひとつのウェブサイトのSEO対策だけに留まらず、貴社に特化した「ウェブ上からの集客」をするために、ウェブマーケティングおよびIT・ウェブコンサルティングとしてさまざまなご提案からサポート及び責任を持った業務を行っています。

 

企業の体質を変え、収益改善等を行うために、行動を変えてもらう必要があるコンサルタントは、結果としてその企業、または経営者や従業員の意識を変える職種とも言えます。その趣旨はコンサルタントという肩書きに「IT」が付いても「SEO」が付いても「経営」が付いても同じだと考えています。

経営に直結したウェブツールを使いながら、意識改革を行い、行動変化を促し、企業を改善していきます。

IT業務に関わるコスト削減の実現

多くの企業経営者様は、ITの人材を自社に雇い入れる場合に、それにかかるコスト及び費用対効果を重要な課題としています。

その課題の解決策として、SEO対策、ウェブサイト制作、ウェブサイトリニューアル、ブログ運営、などウェブにおける業務をすべてまとめて格安でアウトソーシングできるということは非常に効率がいいものと考えています。

・マーケティング・アクセス解析の検証・内部最適化からのSEO戦略・ウェブサイトリニューアル・集客窓口の増加・サイト運営アウトソーシング

など、コンサルティングの中での業務はたくさんあります。これら一連の業務を、一人のIT担当者を雇うよりも大幅安価でアウトソーシングすることによって、企業にとって大きな費用対効果をもたらすことが可能になります。

コンサルティング業務に対する考え方

私達は、クライアントからご依頼されたウェブサイトのキーワード検索順位の向上を目的とし、それに伴ったウェブサイトの編集及び改善を行います。

また、それだけに留まらず、ウェブサイト運営者(経営者)のビジネスにおける将来的なビジョンを理解し、現状から将来へのプランニングをし、集客に向けた総合的な業務を行います。

ご依頼されたウェブサイトの管理、編集、運営保守だけではなく、SEOに特化した新規ウェブサイト制作やリニューアルもコンサルティング内で行います。また、貴社ミーティングへの参加やITに関する営業の同伴をすることも可能です。

業務に対する姿勢


ロジカルシンキング

コンサルティングに重要なビジネススキルとして「ロジカルシンキング」というものがあります。すべての事柄を論理的に考えるというのは、非常に難しいように思います。実際に、普段から意識して論理的に考えていることは少なく、感情や気持ちのおもむくままに判断してしまいがちです。

しかしビジネスに関していえば、それでは困ることも多く出てきます。特に「コンサルタント」は人と話すことが非常に多く、一つひとつの事柄を論理的に考えなければいけない場面が次々と出てきます。

全ての人間が論理的に動いているわけではないにしても、多くの人間は冷静である場合、論理的に物事を判断することが多いのは間違いありません。よってコンサルタントが何かを提案したり、判断した結果をクライアントが見たり聞いたりする場合にも同じです。つまりコンサルタントには論理的に考える必要があると考えています。

MECE

MECEとは、Mutually Exclusive Collectively Exhaustiveの略で「漏れなく、だぶりなく」という言葉になりますが、SEOコンサルティングやITコンサルティングを行う上で重要な課題となっています。

クライアントから「ひとつのウェブサイトのキーワード検索順位を向上させたい」と依頼を受けた際に、その目的を推理していくと、検索順位を向上させることによって芽生えるアクセスアップ、アクセスアップによるお問い合わせの増加、集客アップによる売り上げの増加と繋がっていきます。

はたしてそのサイトの構造に「漏れやだぶりは無いか」という視点から見た時に、例を挙げると「お問い合わせ」と「無料相談フォーム」が重複している場合があります。サイト観覧者側としては、お問い合わせをクリックして相談の依頼をすればいいのか、無料相談フォームから相談をすればいいのか迷ってしまう点になります。

例えば「企業紹介用のホームページ」と「企業が商品を売るための集客用サイト」これはまったく別物になります。この2つがひとつのサイトとして運営されている場合には、紹介用と集客用と分けて運営することをおすすめします。このような場合は紹介用ホームページにはSEOは必要なく、集客用サイトにSEOが必要とされます。

このように、ひとつのサイトをさまざまな視点から判断し、漏れやだぶりの無い効率的な集客を目指し改善していきます。

ヒアリング

クライアントの現状把握や課題を洗い出す際にヒアリングすることは必須です。ヒアリング無しにはコンサルティングは成立しません。ここで重要なのは「マインド」だと考えています。

クライアントの課題を心から知りたい、クライアントのためになんとかして解決策を導き出したいという気持ちから、ヒアリングの中では、オープン質問とクローズ質問をすることを心がけています。

オープン質問としての例を挙げると、「在庫管理上の問題点は何ですか?」というような回答の選択肢が広いものになります。また、クローズ質問としての例は、「なぜその在庫品が壊れたのでしょうか?」というような対象を特定するなどとした回答が選択的なものです。

このような掘り下げた質問から、クライアントの現状から改善へ向けての課題及び解決策を見い出し、ひとつのウェブサイトだけに視野を狭めることなく、クライアントのビジョンを把握することが大切だと考えています。

ライティング

ひとつのウェブサイトを作り上げていく上で、ライティングはコミュニケーションスキルと同様に、「わかりやすいものであるか」「情報が整理されているか」「論理的に書かれているか」「間違いがないか」などの条件を満たしている必要があります。

上記の条件を満たすには、あくまでもウェブサイト観覧者側からの視点として文章に表していくことが優先になります。

例を挙げると、釣りの初心者のAさんが「釣り」の情報を求めて「釣り情報サイト」を観覧した時、そのサイトに専門用語が並べられ、釣りの初心者であるAさんにはわけのわからない内容だった場合には、Aさんはそのサイトを閉じ、他のサイトを求めるようになります。

もちろんSEO対策に特化したサイトを制作する場合にはキーワード挿入の調整は重要事項ではありますが、いわゆる専門用語ばかりを並べてしまうと、例え整理され論理的に書かれていたとしても、観覧者に何も伝わらないという残念な結果になってしまいます。そのような点で、サイト観覧者の視点に立ったライティングをするというスキルも重要と考えています。

コミュニケーション

IT業界では、メールでのやり取りや意思疎通が主流となっていますが、メールよりも電話、電話よりもお会いすることが重要と考えています。お会いして互いのモチベーションを高めること、ビジョンの確認をし合うことは、ウィンウィンの関係を築いていく中で大切です。

また、稀に貴社がコンサルタントなどへ業務をアウトソースする中で、コンサルタントが何をしているかわからず、毎月の業務報告書(レポート)さえ提出されないケースがあることを耳にしますが、当社では毎月のレポートの提出により「作業の見える化」を図っています。

更なる提案

クライアントと共にひとつの目標に向けてタイアップをしていく中で、クライアントのウェブビジネスにおけるビジョン(方向性)が逸れてしまっていたり、現状よりも集客や売り上げの見込めるものがあれば、粘密な市場調査やマーケティングのもと、新企画や制作物の更なるご提案をいたします。

長年さまざまな企業・経営者とタイアップし、ウェブ業界を歩んできた経験から、クライアントへ最適なご提案をすることによって、クライアントのビジネスにおいての視野が広がり、新たなビジネスプランの発案に向けたサポートやヒントを与えられることがSEO/Webコンサルティングの役割でもあると考えています。

チームとしてのプロジェクト管理

当社では、SEO担当、SE、プログラマー、デザイナー、ブロガーなど、それぞれが役割分担をしています。クライアントからご依頼されたプロジェクトに対して、役割分担をすることにより、スピードのある対応ができ、効率化が図れレスポンスの上昇に繋がります。

クライアントとしては、当社へウェブ上での業務をアウトソースすることで、自社に一人のウェブ担当者を雇用するよりも、さまざまなウェブの人材を活用できるというメリットがあります。例を挙げると、ひとつのウェブサイトにSEO対策を施行しながら、別のサイトを新規制作するようなプロジェクトも可能となっていきます。