佐倉市


佐倉でホームページ制作SEO対策ウェブマーケティングをお考えの方は是非アイティーケアーズへお任せ下さい。卓越したウェブスタッフによりスピードのある格安での制作・SEO対策が可能です。お会いしての打ち合わせ・ヒアリングをいたします。

ホームページ制作
SEO対策
ホームページ運営管理代行
無料ホームページ診断

自分でできるキーワードアドバイス!キーワード佐倉市


佐倉市の、施設、観光スポット、名産については、以下のようなものがあります。

 

【内部対策】

これらのキーワードを題材にブログで取り上げたり、メタキーワードやタイトル、本文などに使用すると、アクセスを得られやすくなりSEOの効果が高まります。

<施設・観光スポット>

国立歴史民俗博物館、DIC川村記念美術館、佐倉ふるさと広場、佐倉草ぶえの丘、佐倉市立美術館、麻賀多神社

<イベント>

佐倉市民花火大会、時代まつり、佐倉チューリップフェスタ 

※上記の言葉を全て使用する訳ではなく、必ずサイトに関連する言葉を使用して下さい。

 

【外部対策】

以下のような、佐倉市にある施設やお店などを紹介しているサイトから

被リンク・相互リンクを得ることで、SEOの効果が得られやすくなります。

・ユーカリが丘 公式タウンポータルサイト

・地域情報サイト「CityDO!」

佐倉市ニュース


チューリップ植え付けやバーベキューで佐倉暮らしを体感!―千葉県佐倉市移住体験日帰りモニターツアー(12月9日) - PR TIMES (プレスリリース) (水, 01 11月 2017)

PR TIMES (プレスリリース) チューリップ植え付けやバーベキューで佐倉暮らしを体感!―千葉県佐倉市移住体験日帰りモニターツアー(12月9日) PR TIMES (プレスリリース) 印旛沼や谷津、水田などの水辺や緑地など佐倉市が誇る豊かな自然では、多様な生き物を観察することができます。水の流れや、緑をそよぐ風の音を感じると、心がとても落ち着きます。なお、ツアーで体験するチューリップ球根の植え付けは、毎年4月に開かれる関東最大級の ... and more »
>> 続きを読む

長嶋氏が清宮にエール 千葉・佐倉市で野球教室開催 - 産経ニュース (土, 04 11月 2017)

産経ニュース 長嶋氏が清宮にエール 千葉・佐倉市で野球教室開催 産経ニュース 巨人の長嶋茂雄元監督が4日、千葉県佐倉市で野球教室を開催し、ドラフト会議で7球団競合の末に日本ハムから1位指名された東京・早実高の清宮幸太郎内野手に「あれだけのバッティングを持っている。力を思う存分発揮して、日本の4番を背負うような選手になるように ... 長嶋茂雄氏が故郷・佐倉市で野球教室 小中学生520人を2時間指導「野球を楽しもう!」スポーツ報知 長嶋さんが故郷・佐倉市で元気に野球教室、中畑氏ら巨人0B7人も参加デイリースポーツ 長嶋さん500人に「いいよ」 往年のG戦士7人も協力 佐倉で少年野球教室千葉日報 all 33 news articles »
>> 続きを読む

自転車の進化 佐倉市立美術館で企画展 - 読売新聞 (月, 20 11月 2017)

自転車の進化 佐倉市立美術館で企画展 読売新聞 19世紀初めにドイツで誕生したとされる自転車の歴史を紹介する企画展「自転車の世紀」が、佐倉市新町の市立美術館で開かれている。12月17日まで。 同館によると、自転車の原型は1817年にドイツ人発明家が手がけた木製二輪車「ドライジーネ」。前年の異常気象で馬の ...
>> 続きを読む

まちがまるごと「江戸時代」?―佐倉“江戸”時代まつり、千葉県佐倉市で開催(11月11日)― - PR TIMES (プレスリリース) (火, 31 10月 2017)

PR TIMES (プレスリリース) まちがまるごと「江戸時代」?―佐倉“江戸”時代まつり、千葉県佐倉市で開催(11月11日)― PR TIMES (プレスリリース) 城下町・佐倉佐倉城築城から400年。千葉県佐倉市は、随所に江戸時代の面影を残す城下町です。市内には、武家屋敷や佐倉順天堂記念館、旧堀田邸など歴史的な建物が残っています。また、佐倉城の跡地は、紅葉の名所としても知られる城址公園として整備されており、空堀 ... and more »
>> 続きを読む

<へぇ~ 再発見ちば> 刀剣専門の「塚本美術館」(佐倉市) - 東京新聞 (月, 06 11月 2017)

東京新聞 <へぇ~ 再発見ちば> 刀剣専門の「塚本美術館」(佐倉市) 東京新聞 佐倉城の城下町だった佐倉市中心部の狭い路地の一角に、こぢんまりとたたずむ美術館がある。塚本美術館。刀身四百点、拵(こしらえ)と呼ばれる外装二百五十点を収蔵する国内有数の日本刀専門の美術館だ。平安末期から現代まで、評価額が億単位の逸品や人間国宝が ...
>> 続きを読む