コンテンツ制作|対策


ホームページを閲覧する目的としては、コンテンツの情報を得る事が目的の大部分を占めます。

コンテンツ内容の向上、修正や追加などの更新を行うことで、検索エンジンからは「生きたウェブサイト」という評価を受け、SEO的にはもちろんのこと、アクセスアップなどの集客に繋がりますので、コンテンツをきちんと制作・充実させることは、かなり重要な部分といえます。

コンテンツの概念


コンテンツを直訳すると、「中身」といった言葉になります。

コンテンツという言葉は、ウェブに限らず広い範囲で使われておりますが、ウェブ上では、ホームページ・ウェブサイト制作・SEO対策を行う上での「コンテンツ」ですので、「サイト上に存在する内容」といった意味になります。

 

また、映画、音楽、アニメ、ゲームなどの著作物を含むとも言われておりますので、上記の内容から、サイト制作、SEO対策に適したコンテンツといった言葉の意味を簡潔にまとめますと、主に、サイト上に存在する「教養・知識・娯楽に関する内容」といえます。

 

コンテンツの価値

では、サイト上に存在するコンテンツには、どのような価値があるかを見ていきましょう。

一般的なコンテンツの価値について、いくつかを以下にまとめました。

 

 ・話題性がある

 ・興味がある

 ・有用性がある

 ・営利、非営利、それぞれに役に立つ内容

 ・過去、現在、未来に対する情報

 ・楽しい、悲しいなどの感情を揺さぶるもの

 ・作品などの情報

 ・時事など、教養がある

 ・個人的、複数人見解がある

 ・常に最新の情報がある

まだ一部ではありますが、コンテンツには、主にこのような価値があります。

 

コンテンツではないものについて

コンテンツを知るには、コンテンツではないものも知る必要があります。コンテンツとは、主に、サイト上に存在する、教養・知識・娯楽に関する内容と言えますので、コンテンツではないものについては、主に、サイト上に存在する、教養・知識・娯楽ではなく、更に、著作物でもない内容といえます。

 

具体的にどういったものがあるかをまとめました。

 

 ・勧誘などの誘い文句のような文章

 ・会社概要の内容

 ・目次やサイトマップ

 ・個人情報についてや特定商取引、許可、認可などの、法的な説明

 ・サイトについての説明など

 

コンテンツではないものについては、主に上記のような内容になります。

このような内容が多いサイトでは、SEO対策は難しい場合が多くなります。やはりコンテンツが「薄い」サイトは検索もされにくく、

リンク等の共有もされにくくなります。そもそも再閲覧される可能性も限りなく低く、集客効果としては低いサイトになるといえます。

コンテンツの質


ウェブサイト上に存在するコンテンツの中でも、やはりサイトによっては、質の良いコンテンツが多いサイトもあれば、質の悪いコンテンツが多いサイトもあります。もちろん、良いコンテンツを提供できた方が集客効果が高く、SEO対策としても効果的なサイトといえます。では、SEO対策として、良いコンテンツとは何でしょうか?下記にご説明致します。

 

質の良いコンテンツについて

数多くあるウェブサイトには、必ずと言って良いほどコンテンツが存在します。ですが、質の良いコンテンツでないと、SEOの効果は期待できません。

 

質の良いコンテンツの事例を、以下にまとめました。

 

 ・閲覧者の興味に合った内容

 ・サイト、内容に信頼性がある

 ・内容に信憑性がある

 ・内容に、価値、期待を感じさせる

 ・興味のある内容を発信し続ける

 ・常に最新の内容へ更新し続ける

 ・一時的で終わらず、今後も継続する内容

 ・閲覧者に知識や感動、インパクトを与え、共感を呼ぶ内容

 ・話題性があり、新規の閲覧者を獲得する内容

 ・共有性がある内容

上記のような事例が、良いコンテンツと言えます。

このような事を意識してコンテンツ制作を行うことで、SEO対策として有効なサイト制作を行う事が可能になります。

 

質の悪いコンテンツについて

質の良いコンテンツを作る為には、質の悪いコンテンツも知っておいた方が、より精度の高いコンテンツを制作する事に繋がります。

 

質の悪いコンテンツの事例を、以下にまとめました。

 

 ・内容がまとまってない

 ・書き手の感情が優先されすぎている

 ・批判が多い

 ・内容が本質的な解決に向かってない

 ・単なる紹介文

 ・宣伝目的

上記のような内容が、質の悪いコンテンツとなります。

このような、質の悪いコンテンツが数多く見受けられると、SEO対策としては効果の低いサイトになりやすいといえます。

 

コンテンツの質を上げるためには

質の良いコンテンツ、質の悪いコンテンツが分かったところで、実際にどうすればコンテンツの質が上がるかをご説明致します。

 

まず、閲覧者が知りたいひとつの内容があるとします。

その内容についての説明だけでも、効果のあるコンテンツとは言えますが、やはり、深い情報があった方が、より良いコンテンツと言えますので、その為には、そのひとつの内容に対しての複数の目線から見た内容を記載する事が重要です。

 

その内容その物の説明以外に、

 

 ・周りから見た根本的な説明

 ・そこに至るまでの経緯

 ・実例を含めた詳細な問題解決の方法

 ・その内容に必要な物についての説明

 ・説得力を高める為の、情報元などの説明

 

内容にもよって異なってはきますが、上記のような内容を念頭に置いてコンテンツ制作を行うことで、コンテンツの質を上げる事が可能です。やはり、閲覧者にとって有用な情報をお伝えする事はもちろん、その情報についての付加情報と、それを裏付ける情報元などの説明が、かなり重要となります。

 

そうする事により、再閲覧の効果も期待できますし、共有などの効果も期待できますので、SEO対策としての効果も有効という事になります。

ウェブサイトの宣伝活動


いくらサイトを制作し、より良いコンテンツを掲載しても、そのサイトの存在を知ってもらわないと、運営する意味が無いとも言えます。より多くの人々にサイトの存在を知ってもらう為には、宣伝活動を行う必要があります。

 

SNSサイトやツールを使用して宣伝活動を行う

近年では、SNSサイトやツールが多く、そういったサイトやツールを使用し、宣伝活動を行う事が可能です。

 

主なサイトやツールは、以下のようなものがあります。

 

 ・Twitter

 ・Facebook

 ・RSS

 ・ミクシィ

 ・各種ブログサイト

 

このようなサイトやツールを使用するのが、現在は一般的な手段となってます。

特に、TwitterやFacebookは、リアルタイム性があり、また、利用者数も多いためコンテンツの内容や質によっては、手軽にSEO対策の効果を得る事が可能です。

 

再閲覧について

上記のようなやり方などで宣伝活動を行い、アクセス数が増えたとしても、再閲覧に繋がるわけではありません。

再閲覧を行ってもらうには、Twitterの「フォロー」、Facebookの「いいね」など、閲覧者にそのようなアクションを起こしてもらえれば、今後、発信する内容を閲覧者に届けやすくなり、今後の再閲覧に結びつくようになります。

その為にも、閲覧者にとって興味を呼ぶような、質の良いコンテンツ制作というのは非常に重要なものとなります。

 

閲覧者に合ったコンテンツ制作

再閲覧してもらう為には、やはり、閲覧者自身に興味を持たせ、今後の興味や話題に繋げないといけません。

その為には、閲覧者に合ったコンテンツ制作を行い、その後、宣伝活動でサイト自体の存在を知ってもらう事が重要です。

 

サイトの存在を知ってもらえた後は、コンテンツ内容に興味を持たせ、最新情報を載せるなどの更新を行うなど、今後に繋げる事を念頭においてコンテンツ制作を行います。それだけで、再閲覧される可能性は上がり、また、閲覧者自身が他のサイトやツールなどでそのサイトのコンテンツ内容を話題にする可能性もあります。そうなると、新規の閲覧者への共有も行われ、宣伝効果としては有効な効果が期待できます。

ウェブサイト運営の継続について


ひとつのウェブサイトを制作すると、制作で終わる訳にはもちろんいかず、その後、修正作業や更新作業などの運営を継続させることが必要となってきます。

これは、ただ継続するわけではなく、一定頻度以上の間隔で更新作業を行うなど、SEO対策としての効果が期待出来るような運営を行っていかなければなりません。

 

サイトの更新について

よくある「どこどこを更新しました。」のような、What's newに載るような単純な更新ではなく、閲覧者の興味があるコンテンツ内容の情報を追加したり興味を更に呼び起こすような更新作業を、一定以上の間隔で行う事が非常に重要です。

それを行うことで再閲覧が増え、結果的にアクセス数の増加に結びつくようになります。

 

効果的な更新の方法について

閲覧者に興味を持ってもらい、再訪を促すことも良い方法ではありますが、もっと効果的な更新の方法について、説明致します。

 

コンテンツの内容として、ただ見てもらうだけの内容ではなく、口コミを発生するような内容になれば、その口コミが複数の口コミになり、どんどんと広がっていきます。

上手く興味付けができ、尚且つ口コミを誘引できれば、TwitterやFacebook、掲示板サイトなどでの書き込みで、口コミを広げる事が期待できますので、その広がった口コミ経由で、閲覧者が来訪する可能性が上がる事も期待できるようになります。

 

また、コンテンツの内容その物の数を増やす事も重要です。興味付け、口コミを誘引出来るコンテンツは、もちろんSEO対策には有利になりますが、量が少ないと、一時的なものになってしまいかねません。

コンテンツの量が多いと、その分、口コミの可能性も上がります。故に再訪も期待できますので、アクセスアップに繋がります。

キーワードについて


キーワードの使用については、SEO対策としては基本のひとつになりますが、奥が深く簡単なものではありません。どのようなワードを使用するのが良いのかを、ご説明していきます。

 

よく検索されるキーワードを使用する

これは最も基本的な部分になりますが、最も重要な部分でもあります。

そのサイトのコンテンツ内容にふさわしいキーワードで、尚且つ、検索で上位になる言葉をするようにします。

閲覧者は、コンテンツの情報を求めて、そのコンテンツに関連するワードを用いて検索を行います。ですので、コンテンツの内容だけではなく、その内容や情報にまつわるカテゴリー名や、その次の目的になるキーワードなど、広い範囲から見たワードを使用すると効果的です。

 

キーワードの種類について

キーワードについては、よく検索される言葉を使うと良いと上述しましたが、キーワードの種類については、なるべく一般的な言葉を使用した方が良いものです。

専門用語や業界用語などが多いと、検索ワードとして引っかからない事が増えますので、なるべく一般的な言葉を多く使用するようにしましょう。

 

キーワードの使い分け

キーワードはなるべく一般的な言葉を使用した方が良いと記載しましたが、サイトやコンテンツの内容によっては、専門的な言葉があった方が良い場合もあります。その為、全ての場合において、一般的な言葉が良いとも限りませんので、キーワードの使い分けが必要になってきます。

サイトやコンテンツ内容によって、ユーザー層が変わってくる事もありますので、ユーザー層に合わせたキーワードを使い分けるといった事が重要となってきます。

ウェブサイトの移転について


ウェブサイトを運用していく中で、サーバー側の都合など、どうしても移転を行わないといけなくなるような場合があります。

そんな時は、移転後のウェブサイトでも集客を落とさないようにしたいものです。

移転があった際にはどのようなことを行えばいいのかを、以下にご説明致します。

 

告知を行う

関係者や取引先など、閲覧者が分かる場合は、前もって告知を行う事が重要となります。

関係者であっても、告知がされてないと、移転後のページを閲覧することができなくなる可能性があります。

 

閲覧者が不特定多数の場合

閲覧者が、関係者や取引先だけではなく、不特定多数の場合は、移転前のURLをブックマークされている可能性が非常に高い為、閲覧しようとしても、移転前のサイトに辿り着いてしまい、移転後のサイトに辿り着けません。

また、検索を行ったとしても、しばらくは移転前のサイトが出てくる可能性が非常に高いため、不特定多数の閲覧者が移転後のサイトに辿り着けなくなってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。その為、移転前のサイトで「リダイレクト」を行う必要があります。

 

リダイレクトの必要性

移転前のサイトを詠みに行っても、「NOT FOUND」と表示されるだけでは、もうその閲覧者は移転後のサイトにこなくなってしまう可能性があります。また、検索サイトでも移転前のURLしか出てこなくなる事もありますので、移転前のURLで、リダイレクトを行う必要があります。

 

リダイレクトとは何か

移転前のURLを読み込んだ時に、「こちらのサイトは移転しました。こちらをクリックしてください」のように、移転後のサイトへのリンクを貼る事で、移転前のサイトを閲覧してしまった閲覧者を、移転後のサイトに導くことを「リダイレクト」といいます。

このリダイレクトを行うことで、移転前の閲覧者を取りこぼすことを防ぐことができます。また、方法によっては、自動で移転後のサイトに飛ばす事ができる場合もあります。

このような形で、移転前のURLでブックマークなどをしている閲覧者を取りこぼさないようにすることが可能となります。

コンテンツの基本構成について


いくらコンテンツの内容で興味付けができたとしても、見やすく、分かりやすくしないと内容が伝わりにくく、リピートが難しくなってしまいます。ここでは、コンテンツ作成を分かりやすくしていく為のご説明を致します。

 

テキストの内容を短くシンプルにする

最近は、書面での活字よりも、まずはネットで調べ物を行う風潮が強いため、ネット上のテキストはかなりの重要性があり、内容をきちんと伝える必要性が高くなってきています。ですので、コンテンツの内容が記載されているテキストは、なるべく短くシンプルで簡潔にまとめることが重要です。

 

なるべく箇条書きをする

コンテンツの内容が複数ある場合や、複数に分けて記載したほうが分かりやすい場合、また、例題としていくつかの例を挙げる場合など、内容を複数にする必要がある際には、なるべく箇条書きを多用して、分かりやすくまとめる必要があります。

そうする事によってコンテンツ自体の質が上がり、リピーターや口コミの増加に繋がり、結果として、アクセスアップなど、SEO対策としての効果も上がります。

 

カテゴリ別に記載する

文章の基本でもありますが、コンテンツの内容をまとめて記載する場合は、「大カテゴリ」「中カテゴリ」「小カテゴリ」のように、

カテゴリを分けて記載すると、見やすくなります。

また、「見出し」と「本文」を分けて書いたり、見出しを強調するなど、シンプル且つ見やすくした方が、コンテンツの価値が上がり、ユーザー離脱の回避に繋がり、SEO対策としての効果が上がることになります。