ソーシャルメディア対策


ソーシャルメディアの普及、活用は年々増え続けています。代表的なもので、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Google+(グーグルプラス)、LINE(ライン)、Instagram(インスタグラム)そしてソーシャルメディアというよりも「ソーシャルブックマーク」として主流の、Hatenaブックマークがあります。このようにさまざまなソーシャルメディアがありますが、ソーシャルメディアを使ったマーケティングから、SEO対策に繋がるものがあります。

NEXT

ソーシャルメディアとは


ソーシャルメディアとは所謂「社交場」としての意味を持ちます。ブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、コミュニティ、ソーシャルブックマークなどで、各ユーザー個人同士での意見の交換から共有、情報の共有、そして交流や話し合いの場です。

ソーシャルメディアを活用する1番のメリットは情報の伝達が早いことです。その早い伝達網の中に、ご自身のウェブサイト情報やキャンペーン情報などを盛り込めば効果を発揮します。

 

ソーシャルメディアと被リンクの関係

SEOを目的とした自演的な被リンクの獲得のためのソーシャルメディアの活用は、はっきり申し上げて失敗します。ソーシャルメディアを活用するにあたり、最初に捉えておきたいニュアンスとしては直接的ではなく「間接的なSEOの効果が生まれる」ということです。

 

ソーシャルメディア上であなたが発信したコメント及び情報は、瞬発的に拡散されます。そのあなたが発信したコメントに対して他者からコメントが返ってくれば、それだけで被リンクの獲得は可能なものになります。しかし、SEOを目的として宣伝的なコメントを量産し拡散したところで、読みたいと思う人はいません。もちろんスパムアカウントとして判断されます。

 

ソーシャルメディアとは上記でご説明したように社交場、共有の場であります。ですので本質は交流を目的とした人々の集まりです。「あなたが素晴らしい情報を持っており、その情報を、交流している人々と共有する事」このような基本的な考え方で活用をしていけば結果としてSEOに効果をもたらします。

 

ソーシャルブックマークの活用

みなさんが普段使っているパソコンで気に入ったサイトや、また見たいと思うサイトを「お気に入りボタン」から「お気に入りリスト」へ追加している人も多いと思います。そのようにお気に入りの追加を、インターネット上で行うことをソーシャルブックマークといいます。あなたがソーシャルブックマークとして追加したサイトは、インターネット上の人々で共有することが可能になります。

 

通常パソコンでお気に入りリストに追加したサイトは、ご自身のパソコンでしか見ることができませんが、ソーシャルブックマークの場合は外出先などでの他パソコンでも、ログインすればブックマークに入れたサイトが見れるというメリットがあります。

 

ソーシャルブックマークとSEOの関係

例えば、Aさんが素晴らしいサイトを見つけてソーシャルブックマークをする→そのAさんのブックマーク情報をみなさんと共有する→BさんCさんDさん・・・・と、たくさんの人がAさんのブックマークしたサイトを見る→たくさんの人がAさんがブックマークしたサイトをブックマークする。

 

この一連の流れで、Aさんがブックマークしたサイトはたくさんの被リンクを獲得することができます。被リンクをたくさん獲得できるということはSEOとして効果を発揮します。しかしながら、自分で自分のウェブサイトやブログをブックマークする人もいます。そのような行為はスパムに該当しますので、グーグルは「nofollow」という、コメント・トラックバックスパム対策としてのタグによってスパム対策をとっています。

 

ソーシャルブックマーク元に「nofollow」タグが設定されていると、リンク先にクローラーが巡回しなくなり、被リンクを送らないことになります。よって、「nofollow」タグが設定されていないソーシャルブックマークを活用することが被リンクを増加させSEOに効果を発揮させることになります。

 

自演的な被リンクの獲得よりも、他者から自身のウェブサイトやブログがブックマークされる事は最も自然であり、アクセスアップを促しSEO対策において非常に効果が期待できるものです。