SEO内部対策


SEO内部対策として、ここでは基本的なことをご説明いたします。

内部対策とは、SEO対策の効果を得る事を前提にHTMLのソースをコーディングし、サイト全体の制作を行う事です。また、既に制作済みのサイトのコーディング内容を見直して修正をする作業を内部対策といいます。

 

このような内部対策作業を行う事により、クローラーに対して正確なクロールを促す事が可能になり、ウェブサイト全体のアクセスアップや検索上位表示に対する効果が飛躍的に向上し、サイトそのものの価値も向上します。

内部対策の方法


HTMLのコーディングの際、SEO対策の効果が発揮できるように作り上げる、もしくは、コーディングの修正及び編集を行います。<meta>内にあるメタキーワードタグや、メタディスクリプションタグ、また、<title>や<h1>、本文に閲覧者が興味を持ちそうな言葉や、よく検索されている言葉を入れるなど、内部対策としての具体的な例を、以下にご紹介いたします。

 

META・メタタグの内容

SEOの基本ではありますが、メタキーワード、ディスクリプションの設定は、非常に重要な要素となります。技術的な補足になりますが、メタキーワードは、そのページに関する言葉を、<meta>タグに入力します。ですが、ただ関連する言葉だけを当てはめるだけでは、SEO対策としては効果が期待出来ない可能性がありますので、閲覧者によく検索されている言葉や、閲覧者が興味を持ちそうな言葉をメタキーワードとして設定するのがポイントです。

 

ツールとしてはこちらのサイト「グーグルアドワーズ(Google Adwords)で提供されている「キーワードプランナー」をご利用頂くのも、SEO対策としてのキーワードの選択基準としては、良い手段です。

 

ディスクリプションは、サイト全体(または各ページごと)の説明文になります。制作したサイトが何のサイトかを簡潔に記載します。ディスクリプションで設定した文章は、検索サイトの検索結果の欄に表示されます。メタキーワードとして使用した言葉をここでも使用すると、SEO対策としての効果が期待できます。

 

メタキーワード・ディスクリプションについては、HTMLの中では基本的な部分になりますので、難しい内容ではありませんが、SEO対策としては、どんな言葉を使用するかが非常に重要となります。

 

検索者側に立ち、興味がありそうな言葉を、タイトルやH1にも使用する

自分のサイトを検索され、誰かに見てもらう際に、検索者が何を求めているのか、どのようなキーワードで検索するのか、閲覧者が興味を持ちそうな言葉を使用することが重要となります。そのような言葉を、本文だけではなく、<title>や<h1>に使用する事で、SEO対策としての効果が得られやすくなります。

 

ウェブサイト制作者自身が、そのサイトの内容について知識や興味がある状態でサイトを作成した場合と、無い状態でサイトを作成した場合では、本来重要な言葉が<h1>や<title>に使用されるはずが、別の場所で使用されてしまう事にもなってしまい、非常にもったいない事ですが、SEO対策としての効果が期待できない状況になってしまいます。

 

ですが、制作者自身が、サイトの内容について知識や興味がある状態でサイト制作を行えば、どのようなキーワードで検索されるかある程度の予測がついてきます。重要な言葉が<h1>や<title>に使用されることで、検索者側としてのキーワード検索の幅が広がる事になります。

 

ウェブサイト全体のボリューム(コンテンツ)を増やす

ウェブサイト全体のボリュームが増える事によって検索者やクローラーに対する情報量が増え、より多くの言葉がサイト全体や各ページ内に使用される為、その分検索エンジンからも収拾されやすくなります。その結果、キーワード検索結果に優位に働き、アクセスアップが望めます。

 

またそれだけではなく、サイト全体のボリュームが増え、情報量が増えた場合は、その分、閲覧者が興味を持っている言葉(検索者側が検索窓に打ち込むキーワード)も増えます。更に、興味がある内容も増える事になります。よって、取り扱っている内容自体の幅も広がる為、コンテンツ自体の内容も深くなり、更に重要な言葉も増えていきますので、必然的に重要・必要なメタキーワードも増えていきます。

 

上記の施行によりでアクセスアップも望めることと、検索エンジンに拾われやすくなり、上位表示にも期待出来ますので、SEO対策としての効果が期待できる事に繋がります。

 

ただし、やみくもにページを増やしてもSEO対策の効果としては期待出来ません。

ポイントとしては、更新頻度を増やす事が重要です。ただページを増やしても、放置したままのページでは意味がありません。常に更新し、意味のある情報、新しい情報を掲載する、発信する事が非常に重要となります。

 

「もうすでに自分が運営しているウェブサイトではあらゆる事を書き込んだ」という人もたくさんいらっしゃいます。しかしそれで放置してしまっては非常にもったいない、惜しいウェブサイトです。では何をしたらいいのか・・・。ここで効果を発揮するのが「ブログ」です。

 

運営しているウェブサイト内からブログを発信

そもそもブログとは、ウェブサイト運営者またはブログ運営者からの「情報発信の手段」であり、ブログ読者へ有益な情報を発信するものです。SEO対策の為やコンテンツ増加のためにあるものではありません。

 

ブログでは、自社サイトの商品に関することや、社員の日記であったり、個人ウェブサイトでしたら皆様へ有益な情報を発信するものです。

 

あなたが運営しているサイトの更新頻度やSEOを意識してブログを書かれるにしても、キーワードを意識しキーワードを無理に挿入するものではなく、ブログの読者に対して有益な情報を発信することが大切です。

 

ブログは、得をしたり感心するような情報を発信することによって、読者は自然と増えていきます。読者が増えればブログだけではなく、ウェブサイト自体のアクセス数のアップに繋がり、SEO対策にも自然と効果が生まれていきます。

 

キーワードを無理に羅列したようなブログを稀にお見かけしますが、そのようなブログは見てて飽きてしまいますし読者も増えることはありません。また、ペナルティやスパムを受ける要因も出てきますので逆効果となります。

 

ALTを使用する

コーディングとしては基本的な部分ではありますが、画像については、必ずオルト属性(alt)を使用します。ただ画像だけが表示されていても、検索エンジンは何の画像か認識できませんので、altタグを付けて認識させるようにします。

 

ここで注意しなければならない点として、ただ画像の説明を入れてしまうと、SEOの効果はあまり得られませんので、固有の言葉や、検索されやすい言葉を入れる事をお勧めします。ですが、画像と関係の無い言葉を入れる事は好ましい事では無いだけでなく、スパムとしての扱いになる事もありますので、画像の説明にもなり、固有の言葉でもあるワードを入れる事が重要です。

 

例)自社サイトのロゴにaltを挿入する場合

・誤:ロゴ

・正:株式会社○○○○のロゴ

 

透明の画像や背景色の画像など、スペースとして使用している画像や、単なるラインとして使用している画像は、空の属性として使用した方が、検索エンジンの評価としては良いものです。

 

また、注意点として、音声読み上げソフトを使用して閲覧した場合、alt内のテキストを読み上げる事もありますので、alt内に挿入する言葉には、検索されやすい言葉の羅列等は必ず避けましょう。アクセシビリティにも影響してきます。

 

 

altは、ブラウザの読み込みミスなどでブラウザ上に画像が表示されない時に、画像の代わりにaltの内容が表示される場合がありますので、その点も意識した上で、alt内の言葉を決めましょう。

 

タイトルを工夫する

サイト上のトップページ、また、下層ページにはタイトルがなくてはならない物ですが、タイトルの付け方を工夫する事によって、内部対策としてのSEO効果が得られます。特に、<title>は、検索エンジンのアルゴリズム的にもかなり重要視される部分となりますので、トップページだけではなく、下層ページの<title>も慎重に決めましょう。

 

例えば、サイト全てのページのタイトルが企業名のみの場合は、SEO的には非常にマイナスです。また、「ページ名│企業名」のようなタイトルも非常に多く見受けられます。このような付け方は、サイトとしては決して間違いではありませんが、SEO的には、非常に惜しい、もったいない内容です。

 

ひとつ例を挙げると、「検索されやすいキーワードを組み合わせた文章|ページ名|企業名」のような形にすると、効果が高いものになります。ただ、文章の部分が長すぎると、後半は検索表示から省かれてしまう場合があります。

 

その場合には、「検索されやすいキーワードを組み合わせた文章|企業名|ページ名」としても良いでしょう。タイトルの文字数自体は長すぎるのはもちろん良くありませんが、長すぎない程度であれば、検索エンジンとしても評価してくれます。注意点として、ページごとに似たタイトルはSEO対策としては良くありません。

<悪い例>

~ニュースその①~│○○ニュース

~ニュースその②~│○○ニュース

~ニュースその③~│○○ニュース

上記のようなタイトルは、タイトルだけで内容が分かりませんので、閲覧者の興味を引くことは困難です。

<良い例>

~SEO対策について~│○○ニュース

~内部対策について~│○○ニュース

~外部対策について~│○○ニュース

上記では、タイトルだけで内容が分かりますので、閲覧者の興味を惹くことができ、SEOの面で効果が期待できるものです。


内部対策のまとめ


SEO内部対策の基本としては、ひとつのページに、適切なサイトタイトル、十分な文章量(テキスト)、大見出し(h1)から始まり、中見出し(h2)、小見出し(h3)と、内容を分かりやすくページを作り上げていくことです。無駄に画像を使い、無理に美しく見せたり見栄をはる必要はありません。

自分の考えで自分の文章でオリジナリティをもって制作することが大切です。

 

稀に画像ばかりで制作されたウェブサイトがありますが、ほぼ上位にはありません。見た目は美しく素晴らしいデザインで作られています。そのようなサイトのSEOがうまくいかない理由としては、alt属性も記入されていなかったり、CSSの問題で正確にクロールされていなかったりなど、クローラーからは画像と認識され、キーワードを拾われず検索結果に反映されていないからです。

 

あなたの運営するサイトを検索者や観覧する側の視点に立ち、キーワードを適切に挿入し、オリジナルの文章(テキスト)で制作することをおすすめします。充実したウェブサイト、魅力的なコンテンツというのは、見栄えよりも内容が重要です。