SEO対策とは


SEO対策(検索エンジン最適化)をこれから勉強しようという方や、すでに対策をされている方々へ向けて、SEO対策に関する初歩的なことをはじめとし、初心者、中級者、上級者に向けてさまざまな情報を提供しています。

SEO対策とは自分のホームページやウェブサイトを検索された際に、検索結果で上位に表示されるようにするための対策です。

SEO(Search Engine Optimization・サーチエンジンオプティマイゼイション)は、日本語では検索エンジン最適化という意味になります。サーチエンジン(検索エンジン)とは、ウェブ上にある情報を収集して、検索結果として提供するシステムのことです。

 

また、そのようなシステムを提供しているサービスのことを指し、検索エンジン最適化・対策という意味合いで「SEO対策」となります。

みなさんがご存知の普段検索に使われているグーグルやヤフーは代表的な検索エンジンとなります。

 

検索エンジンはクローラーというプログラムによってウェブ上の情報を収集及び貯蓄しています。収集した情報は検索アルゴリズムによって分析(解析)され、任意のキーワードに対して最も適切な情報を最初に提供できるように、検索キーワードに対する順位付けが常時行われています。

 

現在ではグーグルとヤフーのクローラーは統合されていますが、その他のクローラーや検索アルゴリズムは検索エンジンごとに異なり、品質に関する評価やユーザーの好みが分かれる主な要因となっています。

 

SEO対策とは、そのクローラーや検索アルゴリズムに向けての対策です。SEO対策を施行することは、ご自身が運営するウェブサイトのキーワード検索結果の順位向上を目指す試みになります。

SEO対策の取り組み方


SEO対策の施行内容を分類すると、主に「内部対策」と「外部対策」の2つに分かれます。ここでは対策というワードを使っていますが、「最適化」とも言えます。検索エンジンに適したhtmlやキーワードの最適化を行うことは基本的なことですが、何よりもあなたのサイトを訪問した人へ「十分なボリュームで良質なコンテンツを提供、発信できているか」に尽きます。

 

稀に見ますが、画像だらけで美しくは見えるがテキストによる説明文もなく、コンテンツが充実していないサイトがあります。これでは検索エンジン・クローラーはそのサイトに対しての情報収集ができません。よってSEOからの観点ではキーワード検索結果に優位に働くことはありません。

 

ひとつの題材に対して十分な説明をすることで、テキスト量はその分増えていきます。自然とキーワード検索に向けた単語も増えることになるでしょう。

それがやがて良質なコンテンツになり、検索エンジンからも十分に情報収集をされ、キーワード検索順位に優位に働きます。

検索エンジン・クローラーの動向にアンテナを


SEO対策を施行していくにあたって、注意しなければならないのがクローラーの動向です。クローラーはウェブ上にあるサイト、あらゆる情報をリンクを辿って収集していき、インデックスの登録からキーワード検索順位の判断などを行っています。あらゆるサイトを巡回することを「クローリング」と言います。また、クローラーは不定期にアップデートを行います。

 

クローリングする内容にはいくつもの項目がありますが、その中で過去に重要視されていたものに、「被リンク」と「相互リンク」があります。かつてはひとつのサイトがどのくらいの被リンクを受けているかによって、そのサイトの価値が判断、評価されてました。しかし現在では被リンクはキーワード検索順位に影響を与えないものとされています。

 

クローラーがアップデートを行い、SEO基準が変更されたために「つい昨年まで上位にあったサイトが急に圏外に飛んでいる」こんな現象がかなり存在しています。SEO対策には有効とされていた「被リンク」の構築を日々コツコツ行い、1位だったサイトも圏外に飛んでしまった・・・。良いとされてきたSEOの施行なのに・・・。

 

このような事は、SEO対策における内部リンクの構築、及び自発的な被リンクの獲得を過度にやりすぎた結果であり、検索エンジンから悪質なサイトと判断されてしまったため起きる現象です。

 

このように、キーワード検索結果に急な順位変動を及ぼすクローラーのアップデートですが、事前に大幅なアップデート内容やおおよそのアップデートが行われる時期を知ることが可能です。

 

現在ではクローラーのアップデート情報に関するブログを書かれている人も稀に存在するので、情報を得ることは可能ですが、特にグーグルのマットカッツ氏(Matthew "Matt" Cutts:Googleのスパム対策チームのリーダー、検索品質チーム主任)の発言には、SEO対策を施行していく上で注意深く耳を傾けていなくてはいけません。SEOは情報を得るということも大切なことです。

 

彼のSEOに関する質疑応答や、情報をまとめた「The Short Cutts」というサイトがあります。このようなサイトで情報を得ることで、事前にアップデートに向けたご自身のサイトの見直しや施策が可能になります。

運営しているウェブサイトを生きたものに


SEO対策のご相談やご依頼をいただく中で多く見られるのが、何も手を付けてないホームページやウェブサイトです。ブログやニュースやコメント欄もなく、「制作会社さんにご依頼し、納品されてからそのまま放置をしていて順位変動だけ時折眺めていた」という内容です。

 

SEO上、ウェブサイトを検索上で優位に働かせるためには更新をしていかなければなりません。更新とは、コンテンツ・ページの修正及び増加を行っていくことです。単に「コンテンツ・ページ」の追加をしていきましょうと提示したところで、「私の運営しているホームページでは自社の説明などは全て提示しました」という人も多いと思います。

 

しかし、ブログや簡易的なニュースの発信はいかがでしょうか。日々の日記を書くように、ご自身のホームページ・ウェブサイト内でブログを書いていきます。その頻度が増えていくとサイト自体のインデックスされるページがその分増えていくことになります。

 

インデックスが増えるということは、結果として様々な検索キーワードから、自身の運営するウェブサイトへのユーザー(観覧者)流入の増加を促し、内部リンクによってアクセスアップに繋がることになります。結果としてウェブサイト全体が活性化されSEO上、優位に働きます。

SEO対策の必要性


ひとつのホームページ及びウェブサイトを運営することは、現実社会に例えると、ひとつの店舗を構え商売を行うことと同じように考えられます。

現実社会においては、人通りが多く誰もが目に入る場所に店舗を構えることが有効的な手段です。もし誰も足を運ばないような山奥に店舗を構えたなら、そこにお店があることさえ知ってもらえません。

 

自身が運営するウェブサイトが対象のキーワード検索において圏外である場合や、何ページも下のほうにある場合は、経営する店舗が山奥にある状態だといえます。しかしウェブ上では、山奥から人通りの多い駅前に店舗をお引っ越しをすることが容易に可能です。そこにSEO対策という知識や技術が必要になります。

 

SEO対策は、業者などへ依頼することがすべてではありません。書店ではたくさんのSEO対策に関する本が売られています。また、ウェブ上でも「SEO対策」と検索すればたくさんの情報が得られます。ご自身で知識や技術を得てSEO対策を講じることがベストです。

 

しかしながら、SEO対策の知識から技術をすべてマスターするには、時間や手間が必要不可欠です。SEO対策に時間や手間をとられて本業に専念できないというケースも多々あります。そのような場合はSEO対策を本業とされている業者や企業などへご依頼されるのもひとつの手段です。

 

よくある例として、「膨大な費用をかけて、デザイン性のあるとても美しいホームページを制作したが、そのウェブサイトの検索結果が、圏外や下位で誰も見ていない」ということがあります。このようなケースは、サイト制作依頼者または制作者のSEOに関する知識不足や技術不足によって起きてしまうことです。

 

ウェブサイト制作前または制作完了までの段階から、ある程度のSEOの知識を持つことで、制作にかかる時間やコストを無駄にしないことや、制作完了後の運営において効率化を図ることができます。

SEO対策の基礎を捉えましょう


SEO対策はどうしても複雑でむずかしいものと捉えられがちですが、きちんと情報が整理され内容の充実したコンテンツであれば、SEOを意識しなくとも自然と上位表示されているウェブサイトも存在しています。

 

ひとつの見出しに対しての十分な説明文章をわかりやすく書く事、無駄な画像や動画を使用しない事、ナビゲーションメニューを的確に整理してページを分けていく事、ブログからの情報発信を続けていく事、これらの基本的な事を忠実にウェブサイト上に表現していけば、検索エンジンからはスパムやペナルティを受けることなく、良質なウェブサイトとして判断されます。

 

けして見た目やデザインにこだわることなく、ひとつの本を作るように十分なテキスト量で十分なコンテンツを制作することがウェブサイト制作の基本です。この基本こそがSEO対策において最も重要なことです。